調査チーム

司法アクセス・グローバル・プロジェクトは、全大陸の約100か国を代表する有力な法学(および法社会学)研究者、民間及び公的セクターで活動する法律実務家、法律扶助のマネージャーと高位の公務員、政策立案者など、異なる国籍、専門、職業及び文化を持つ専門家による大きなチームを構成します。

このプロジェクトの目的は、組織的・体系的な方法で知識を創造し、共有することです。司法アクセス・グローバル・プロジェクトは、調査の最終結果が今日の司法制度の異なる理解と経験をリアルに表すものとするために、真に協調的な企画として、民主的視点に立ち、これに関わるすべての人に効果的な参加を保障するものとしてデザインされています。