地域コーディネーター

広範で、代表的な地理的及び人的範囲を網羅し、各地域(大陸)におけるバランスのとれた国々の選出と統合、及び各大陸独自の歴史的、経済的、社会的条件の理解を確かなものにするために、司法アクセス・グローバル・プロジェクトはアフリカ、アジア、中東、ラテンアメリカ、北アメリカ、ヨーロッパ及びオセアニアについての概観的報告をまとめる地域コーディネーターを配置します。
バランスのとれた各国リサーチャーの選考の確保、報告と調査のためのより詳細なパラメーターを作成する上での助力(プロジェクトの質問票のデザインに加筆するなどして)とともに、地域コーディネーターはその地域(大陸)の司法アクセス運動の一般的評価と最新のトレンドを記述する地域報告を自身で作成することにより、調査において重要な役割を果たします。
司法アクセス・グローバル・プロジェクトは、5巻にわたる論文集として公刊され、地域報告はそれぞれの地域を紹介し、各国報告がこれに続きます(後記「書籍の概要」に示されています)。